2018年8月鳥取旅行記④〜TOTTORI COFFEE ROASTERでの展示&砂の美術館〜

2日目。

ぐっすり寝てから向かったのは今回の旅の目的の一つでもある”TOTTORI COFFEE ROASTER”(以下TCR)へ。

鳥取駅からバスで約15分。

安長という停留所で降ります。降りて反対側にあるファミリーマートの裏通りにある本格コーヒーが飲めるカフェ。

こちらで7/11~10/11まで、ねこ(嫁)も参加している『ナクシテミツケテ』という展示がされています。

この奥の部屋に飾られています。

『ナクシテミツケテ』はコニシマキコ(水彩)、金田愛里(切り絵)、かわたゆか(写真)の3名による巡回展。

代官山のギャラリー”SPACE K”で4日間展示した後、ここ鳥取のTCRで3ヶ月間展示されています。

どんな空間が広がっているんでしょう??

こちらの壁に飾られているのはそれぞれのメイン作品です。

棚や壁一面に飾られていて、キャプションもあるので読みながら楽しめます。

それぞれが鳥取の名産である因州和紙を使った作品を展示しています。

ふんわりとやさしい雰囲気が共通の作風。

穏やかな気持ちになりますよ。

3人の作品を並べても、違和感無くなじんでいるので統一感がありますね。

作品は購入することができます。

改めて眺めてみると、感慨深い・・・。

観終わったら、ちょっと一息。

この日は寝すぎて朝食を逃していたくま&ねこですが、ここでしっかり頂きました♪

パン自体もかなりおいしくて大満足!

デザートのビスコッティもアイスコーヒーと良く合う!!

有機JAS認定のオーガニック&カフェインレスのアイスコーヒーが飲めます。

*TOTTORI COFFEE ROASTER facebookページ

オーナーの田中さんとお話でき、体も心も満腹になったところでタクシーで砂の美術館へ。

鳥取市の観光地はそれぞれ近くにあるのでかなり観光しやすいことが分かりました。

効率の良い観光地♪

約10分ほどで砂の美術館へ到着!

上から見た景色。

今回の展示は『砂で世界旅行・北欧編」 〜美しい大自然と幻想的な物語の世界へ〜』でした。

近くで見るとかなり精巧に作られていて驚きます。

北欧の街並み。

ベンチで休むカップル。

くま発見!!

ねこも!

水も流れています。

人形の家という作品。

後ろから覗く少女!

リアルなサンタさん。

これが砂なんて信じられないくらいの細かさで一見の価値ありです!

滞在時間としては、30分~40分あればじっくり見れました。

屋外に行ったら砂丘が見えた~!

砂丘と言えば、今夜の宿泊場所。

にしても暑い。暑すぎる・・・

35℃はあるだろう。

こんな気温で砂丘に行って果たして大丈夫なのか?!

ちゅるんと濃厚な梨ゼリーでも食べて落ち着こう。

さて、ここからループ麒麟獅子バスで集合場所「こどもの国」へ。

はてさて、どうなることやら~。

つづく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。