温泉旅館滞在記〜仙台・作並温泉「一の坊」

わたしたちアラフォー夫婦、初めてオールインクルーシブの温泉旅館に滞在してきました!

ちなみにオールインクルーシブとはなんぞや??という方のために…

オールインクルーシブとは、宿泊代金にレストラン・ラウンジでのドリンクやスイーツなどの飲食代やアクティビティ代などの費用がすべて含まれているプランのことです。

だから、チェックアウトまでお財布を気にすることなく過ごせちゃう!

これは行くしかないっしょ!ということで、今回宿泊したのは東北自動車道・仙台宮城ICより車で約30分にある、作並温泉「一の坊」の、

露天風呂付ツインルームです。

以前露天風呂付のお部屋に泊まってから、いつでも、何度でも好きなだけ温泉を楽しめるという「露天風呂付客室」の魅力にすっかりハマってしまったのです。

さて、今回のお部屋の紹介をしますね。

木のぬくもりを感じる、広々としたツインルーム。バスタオルが乾かせる器具もあって便利でした♪

さて、冒頭にもお伝えしたように、何と言っても「一の坊」の魅力は

オールインクルーシブ

だと思います!

1FのくつろぎSalonでは7:00-22:00までコーヒー、紅茶、生ビール(15:30-20:00)、アイスキャンディー、おやつ、雑誌、オセロ、ナイトラウンジなどが楽しめちゃうんです!

しかもカラオケ、卓球も無料で利用できる時間帯があるんですよ。

ねこ(嫁)は喉を痛めてなかったら間違いなくカラオケに行っていました。トホホ・・・

【じゃらん】 東北のホテル・宿の予約

というわけで、チェックインしたら温泉&ビールタイム!!

目の前に広がる一面緑の景色にほっと一息、リラックスタイム。

幸せ〜!癒されます。

からの、ビール&おつまみの無限ループ!笑

お菓子も好きなだけ頂けちゃいます♪

バームクーヘンや和菓子もありました。

そして一の坊オリジナルの洋菓子そらふわり♡

気に入ったので帰りにお土産に購入。

紅茶も沢山種類があります。

コーヒーマシンも常備されています。

湯上りにデトックスウォーターなんてのも良いですね。

くつろぎSalonの中はこんな感じでどこでも好きな席に座れます。

個人的にはこの正面の山の対面のカップル席がお気に入りでした。

私たちはそこまで気にならなかったけど、子供たちがラウンジでキャーキャー追いかけっこしたりしたので、それが苦手なカップルはちょっと気になっちゃうかも。(>_<)

子供が少ない時間を狙うのもアリですね。

ディナービュッフェに向かう頃にはすっかり日が落ちていました。

こんなに食べたのにこれからディナーへレッツゴー!!

食べ過ぎ注意!

(時すでに遅し。笑)

ディナービュッフェも種類が多く、仙台名物の牛タンやサーロインステーキもありました。

和食も牛タンシチューも色々あります。

よくもまあこんなに残さず食べたなあと自画自賛。笑

満腹になってもお部屋へ戻る前につい一杯やっちゃいました。

ナイトラウンジでまったり一杯。

お腹が落ち着いたらお部屋へ戻って、露天風呂を楽しみます♪♪

結構忙しい。笑

なかなか良い雰囲気ですが、このお風呂、大人1名のみしか浸かれませんでした。(+_+)

一人でゆっくり浸かりたい奥様に最適ですよ!(笑)

くま(旦那)はいつものごとく酔っ払って寝ていましたので、

一人ゆったり浸かってリラックス~~♪

ノンストップでお湯が出ています。なんだか贅沢!!

傍に水道があるので温度調節も可能です。

すっかり温まった後は強烈な眠気に襲われ、寝心地の良いふっかふかのお布団で爆睡しちゃいました。

朝起きたら露天風呂で目を覚まし、朝食へ。

なんと贅沢な朝なんでしょう~~!

さすが温泉付きのお部屋は違うわ!(*´▽`*)

右下の自家製ヨーグルトが美味しすぎて3つもペロリしてしまいました!

朝食も種類が多く、焼きおにぎりなんかもあって朝からまた食べまくってしまいました。

朝食の後は、くつろぎSalonでまったりします。

大きな窓からの新緑に癒されるひととき・・・

そしてあっという間にチェックアウト時間となってしまいました。

それにしてもオールインクルーシブの宿は楽しすぎて忙しい。笑

もっと落ち着いて楽しめるようにもっと成長したいと思います。

【じゃらん】今すぐ「一の坊」のお得な宿泊プランを検索!

*2018年10月現在の情報です*

3 thoughts on “温泉旅館滞在記〜仙台・作並温泉「一の坊」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。