日本円→タイバーツへ両替〜スワンナプーム国際空港かプーケット国際空港どちらがお得?

バーツは日本で両替すると損です。

事前に両替しておいた方が安心なのはわかります。私もどちらかというとそういうタイプです。

今回私はバンコク(スワンナプーム国際空港)で乗り継いでプーケットまで行きました。

どちらの空港にも外貨両替所はありますが、果たしてどちらで円からバーツに両替するとお得なのか調べてみました。

結論から言うと、スワンナプーム国際空港よりプーケット国際空港の方がレートがよかったです!

スワンナプーム国際空港 0.2525 プーケット国際空港 0.2727 (2019年12月時点)

私はバンコクから国内線でプーケット入りしたのですが、両替店は荷物受け取り所を右折し、出口に向かう途中に2件ありました。

どちらも同じレートでしたが、店員さんのやる気具合を見てお店を決めました。笑

タイの店員さんて結構自由なんですよね。スマホ見たり、鏡みたり、寝てたり・・・苦笑

ところで、両替する時にレートを見たけどどう計算していいかわからない!ってなりませんか?

JPY Buyingのレート x 両替する日本円=タイバーツ

となります。

私は20,000円をプーケット空港で両替したので、0.2727 x 20,000=5,454バーツとなりました。

もしスワンナプーム空港で両替していたら、0.2525 x 20,000=5,050バーツとなりました。

その差なんと404バーツ(約1,500円)!

1,500円あったら、軽くランチ2人分できちゃいますよ。(*^o^*)

Buyingレートの数値が高ければ高いほどレートがいいということになります。

ちなみに日本のとある銀行さんの場合だと、20,000円で4,914バーツにしかならず、プーケット国際空港で両替した時との差はなんと540バーツ!

540バーツというと約2,000円です!( ´Д`)

という訳で、スワンナプームで乗り継いでプーケットに行かれるなら、プーケットで両替した方がお得ということでした。

ちなみに私が宿泊したホテルLa Vela Khaolakの近くの繁華街にも両替所がいくつかありました。

こちらは0.2733と、プーケット空港のレートより若干良かったです。

もしこのエリアに宿泊されるのでしたら、

プーケット空港で必ず使い切るであろう金額を両替し、現地で不足した場合には繁華街で不足分だけ両替する。

という方法がベストということがわかりました!

なので、よっぽど不安な方以外は現地で日本円からバーツに両替されることをオススメします。( ´ ▽ ` )

(2019年12月時点の情報です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。